Arctic Research Directory

ID-350 :   R/V Mirai Arctic Ocean Cruise (MR18-05C)

Type

FIELDWORK

Research/Observation Title

R/V Mirai Arctic Ocean Cruise (MR18-05C)

Science Summary (common)

平成30年度「みらい」北極航海 (MR18-05C)では、以下の目的を達成するために定測線観測を柱とする大気・海氷・海洋の観測を実施した。 <目的> ・海氷域拡大時期における大気・海氷・海洋の時間空間変動の把握 ・大気・海氷・海洋・波浪予測とその精度の検証 ・初冬における北極域の大気中および海洋中の物質変動の理解 本観測航海では以下の計4課題を実施した(カギ括弧内は課題名、括弧内は課題提案者)。 <乗船研究課題> ・「気象・海氷・波浪予測と北極航路支援情報の統合」 (極地研・猪上 淳) ・「北極海・ベーリング海・西部北太平洋における海洋大気船上観測」 (JAMSTEC・竹谷 文一) <非乗船研究課題> ・「北極海及び西部北太平洋における大気中温室効果ガスおよび関連成分の観測」 (環境研・遠嶋 康徳) ・「西部北極海における海中 CO2および CH4の時空間変動」 (JAMSTEC・村田 昌彦)

Planning Period

Planning Start Year 2018 〜 Planning End Year 2018
- Individual Project Information 1/1 Research/Observation Period 2018-10-24 〜 2018-12-06

Funding Information Other Funding Details

ArCS Theme 1 : Predictability study on weather and sea-ice forecasts linked with user engagement

Discipline(s)

Atmospheric Science, Biology, Meteorology and Climate, Oceanography

Personnel

RollContact PersonNameJun InoueAffiliationNational Institute of Polar ResearchCountryJapanEmailinoue.jun@nipr.ac.jp

Research/Observation Methods

航路上では、大気観測としてラジオゾンデ・雲粒子ゾンデ・ドップラーレーダー・ライダー・シーロメーター・エアロゾル観測・降水粒子観測・大気サンプリング・総合海上気象観測等を、海洋観測としては CTD/採水・XCTD・波浪ブイ・飛沫観測・表層海水連続観測等を実施した。

Research/Observation Period

2018-10-24 〜 2018-12-06

Research/Observation Point (Detail)

Field Site:

Research/Observation Area

N: 73.999145, S: 34.502810, W: 179.996755 E: -179.998908,

Data Information

#1 Data Set Title
Data Registration
15:20 on Wed November 13, 2019
Last Update
15:20 on Wed November 13, 2019