Arctic Research Directory

ID-218 :   Field observations on glacier fjord in northwestern Greenland

Type

FIELDWORK

Research/Observation Title

Field observations on glacier fjord in northwestern Greenland

Research/Observation Purpose

カービング氷河からの融解水がカナック周辺のフィヨルド環境に与える影響を実測データによって解明する。また、フィヨルドにおける重金属濃度を定量化して海洋環境汚染の影響を評価する。さらに、カナック周辺の海氷厚と座礁氷山量を衛星・ドローン観測で高精度に定量化して近年の変動を明らかにする。

Science Summary (common)

・カナック周辺フィヨルドにて淡水・栄養塩・鉄循環・重金属・プランクトンの分布を定量化。 ・係留系による長期データに基づいたフィヨルド循環と氷河への熱輸送の解明。 ・数値実験によるフィヨルド循環再現と氷河融解水が海洋に与える影響の解明。 ・衛星データと客観解析データを用いて2002年以降の海氷分布・氷厚変動を高い精度で定量化。 ・定着氷・座礁氷山のドローン観測手法の確立と、地元住民による観測活動支援・マニュアル作成。

Planning Period

Planning Start Year 2018 〜 Planning End Year 2019

Principal Investigator

Shin Sugiyama
Institute of Low temperature Science, Hokkaido University
sugishin@lowtem.hokudai.ac.jp
- Individual Project Information 1/1 Research/Observation Period 2019-07-20 〜 2019-08-20

Related Project

Project Name: 低温科学研究所 共同研究推進部 プログラム 北極域氷河氷床変動

Discipline(s)

Glaciology, Oceanography

Personnel

RollContact PersonNameNaoya KannaAffiliationArctic Research Center, Hokkaido UniversityCountryJapanEmailkanna@arc.hokudai.ac.jp
RollContact PersonNameShin SugiyamaAffiliationInstitute of Low temperature Science, Hokkaido UniversityCountryJapanEmailsugishin@lowtem.hokudai.ac.jp

Research/Observation Methods

グリーンランド氷床から流出するカービング氷河と海洋の相互作用を明らかにするため、北西部カナック地域に位置するBowdoin fjord, Inglefield Bredningで、海洋特性や海洋循環に関する測定を行うほか、海洋化学、海洋生物学的な解析に必要なサンプリングを実施する。また2018年に設置した係留系を回収する。

Research/Observation Period

2019-07-20 〜 2019-08-20

Research/Observation Point (Detail)

Field Site: Bowdoin Fjord Latitude [degree]: 77.666433 Longitude [degree]: -68.629317
Field Site: Ingrefield Brednings Latitude [degree]: 77.621041 Longitude [degree]: -66.999775

Research/Observation Area

N: 77.714000, S: 77.224000, W: -69.788000 E: -65.965000,

Data Information

Data Registration
09:29 on Mon November 19, 2018
Last Update
10:00 on Mon November 19, 2018