Arctic Research Directory

ID-192 :   SIGMA II(Snow Impurity and Glacial Microbe effects on abrupt warming in the Arctic)

Type

FIELDWORK

Research/Observation Title

SIGMA II(Snow Impurity and Glacial Microbe effects on abrupt warming in the Arctic)

Research/Observation Purpose

グリーンランド氷床内陸の堆積環境、大気による物質輸送、積雪表面と大気との相互作用

Science Summary (common)

グリーンランド氷床内陸の堆積環境、大気による物質輸送、積雪表面と大気との相互作用を明らかにするため、北西部カナック地域の内陸に位置するSIGMA-A地点、およびカナック氷帽上での観測とサンプル分析を実施する。これらの地域では2012年以来科研費プロジェクト(SIGMAプロジェクト)が中心となって観測、自動気象測器の運用を行っており、SIGMAプロジェクトと連携してこれらの観測を継続する。

Planning Period

Planning Start Year 2017 〜 Planning End Year 2019

Principal Investigator

Teruo Aoki
Okayama University
teaoki@okayama-u.ac.jp
- Individual Project Information 1/1 Research/Observation Period 2017-05-22 〜 2017-06-13

Related Project

Project Name: ArCS Theme 7
Project Name: ArCS Theme 6

Discipline(s)

Atmospheric Science, Cryosphere, Glaciology, Meteorology and Climate

Personnel

RollCo-researcherNameSumito MatobaAffiliationInstitute of Low Temperature ScienceEmailmatoba@lowtem.hokudai.ac.jp
RollContact PersonNameYoshinori IizukaAffiliationHokkaido UniversityEmailiizuka@lowtem.hokudai.ac.jp
RollContact PersonNameTakuto AndoAffiliationInstitute of Low Temperature Science

Research/Observation Methods

グリーンランド氷床内陸の堆積環境、大気による物質輸送、積雪表面と大気との相互作用を明らかにするため、北西部カナック地域の内陸に位置するSIGMA-A地点で積雪気象観測、雪氷サンプリング、自動気象測器のメンテナンスを実施する。またカナック氷帽上に設置された自動気象測器のメンテナンスを行う。

Research/Observation Period

2017-05-22 〜 2017-06-13

Research/Observation Point (Detail)

Field Site: SIGMA-A Latitude [degree]: 78.050000 Longitude [degree]: -67.620000 Altitude [m]: 1499.0
Field Site: SIGMA-B Latitude [degree]: 77.520000 Longitude [degree]: -69.070000 Altitude [m]: 950.0

Research/Observation Area

N: 78.050000, S: 78.050000, W: -67.620000 E: -67.620000,
Data Registration
00:40 on Tue November 7, 2017
Last Update
11:48 on Wed August 15, 2018